プロフィール

黄金鬼鍬太郎

Author:黄金鬼鍬太郎
オウゴンオニをこよなく愛するオウゴンバカです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

算数力トレーナー

by Orfeon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理温度の違い

今日は管理温度による個体差について。
オウゴンの最高峰であるババですが他のオウゴンより管理温度が高めの方がいいです。

温度差による個体差としてまずはワインセラーによる18度管理個体
こちらの個体は2006年BE-KUWAギネス個体の子供になります。(ババの大御所、クワガタの門様より幼虫を譲って頂きました)

PC150066_20071215222338.jpg

サイズは63mmと小さいですが顎の龍骨部が外側に反っています。
同じく65mmの個体も龍骨部の伸びがすばらしいです。PC150071.jpg


このように18度管理個体は顎の発達がいいように思えます。

同サイズの21度管理個体を見るとPC150073.jpg


一目瞭然で18度管理の個体の顎の発達の良さがわかると思います。
但し18度管理個体は腹の締りが悪いのでもう少し高めがいいでしょう。

ちなみに21度管理個体は18度管理よりも大型になります。
PC150068.jpg
こちらは70mmです。

ギネスや75upを狙うなら25度など高くした方がいいようですが25度以上は☆になりやすい気がします。いずれは実験してみようと思います。が累代メインの場合は23度くらいまでにしておいた方が無難です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 まとめ 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。