プロフィール

黄金鬼鍬太郎

Author:黄金鬼鍬太郎
オウゴンオニをこよなく愛するオウゴンバカです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

算数力トレーナー

by Orfeon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

74極太血統!

まずは画像を見ていただきたい!
74極太

どちらもクワ門さんのババですが左のババと比べると右のババの顎の太さにビックリすると思います。
こちらが74極太血統の種親になります。
今日はこの74極太血統の幼虫をプリンカップからLビンに入れ替えました。
P1020007.jpg

通常ではすぐMorLビンに入れ替えるのですがカワラ菌がクワ門さんのババ専用菌床で大きく育ちそうなのでカップのまま飼育していましたが、2令に成長しもう限界と感じて入替えです。
種親データーは
♂74mm(WF2)極太   ♀49mm(WF2)06ギネス血統
になります。

この顎の太さが遺伝するのか非常に楽しみです。もしこれが遺伝するのであればオウゴン飼育にも新たな楽しみ方が出来ると思います。Dorcusなんかは遺伝することがわかっていますがオウゴンの世界では未知でありどのような結果になるか非常に楽しみです。
遺伝するのであればサイズはもちろん、体色や艶、顎の長さ以外に太さと色々な楽しみ方が増えてくると思います。

低温飼育すると顎の伸びが良くなるが大きくならない!高温飼育だと大型が出ますが全てを兼ね備えるとなると非常に難しいと思います。顎の太さが遺伝するのであれば全てを兼ね備えた80mmのババなんて出来たら凄いことになりそうです。
私には無理ですが(笑)
74極太2


種親画像の使用に関してはクワ門さんの許可を頂いております。


プレ企画はまだまだ参加者募集中です。
今まで訪問したことが無い方でも条件を守って頂ける方でしたら参加OKですので、どしどしご参加下さい!
スポンサーサイト

コメント

黄金鬼鍬太郎さん ばんわ^^

ほんとうですね!
たくさんのババを見ている黄金鬼鍬太郎さんですから
気づくことなんでしょうね。
飼育しているだけで満足感がありましたが
いろんな楽しみ方があることがわかりました^^

うちはルカディ〇とM〇Dで管理していますが、
やっと2令になったところです^^
モセリとは違う成長との事で
大型が出やすいのですよね?楽しみです♪

今晩は。

まんじくんさん今晩は。
顎の太さが遺伝するかはまだわかりませんが遺伝すれば楽しみ方もかなり変わってくると思います。

ルカディ○は何度か購入しようかと思いましたが使っている菌床の倍の値段ですのでなかなか踏み切れません(笑)
2年連続ギネス個体を作出してる菌床なのでいい菌床なのはわかっているのですが・・・・。
安売りセールしませんかね?(爆)
モセリとの成長度合いとは違い大きくなりますしモセリの70upは難しいですがババの70upは難しくないのでババの飼育は楽しいですよね。
この幼虫もどんな顎で羽化してくるのか楽しみです。v-410

初めまして!

初めまして黄金虫太郎さんいつも拝見していましたが、書き込みは、お初です!それにしても顎の太さが全然違いますね!実物を見て実感してみたいです!また遊びにきたいと思います!

こんばんは

こんばんは、黄金虫じゃなかった!鍬太郎さん!オウゴンの大型作出でしたら、鍬太郎さんが一番、可能性があると思います。オウゴンに対する気持ちが違いますし、研究熱心ですからね! 鍬太郎さんなら、モセリの大型作出も可能ですよ!

こんちは♪

オオクワってかなり分析されてるけオウゴンもまだまだみたいですね♪解明されていない種を飼育しながら分析するのはとても楽しみです。。

初めまして。

鍬次郎(弟)さんこんにちははじめまして。
鍬次郎さんのお知り合いの方ですか?
74極太の顎の太さは全然違いカッコイイと思いました(笑)
クワ門さんに幼虫を分けていただいたので実物は私も見ていませんが見てみたいものです。
またぜひ遊びに来て下さい。


こんにちは

鍬次郎さんこんにちは。
大型作出はアームが伴いません(爆)
いろいろその個体の特徴が次世代に遺伝するのか知りたいだけなんですがまだまだ未知なところが多いと思います。
大型作出は色々な温度管理が出来る鍬次郎さんの方が可能性があると思いますよ!ちゃんとした餌を使えば(爆)

こんにちは。

えりだんさんこんにちは。
Dorcus系は飼育人口も多く色々分析されていますがオウゴンは「難しい!」と思っている方がまだたくさんいると思います。
オウゴンにはまだ未知な部分が多々あると思いますので疑問に感じることを追求できればと思います。
今後オウゴンの飼育人口が増えていけば色々な分析が出来るのではないかと思いますのでえりだんさんもお力添えよろしくお願い致します。

こんばんは。
なるほど~、顎の形には色々あるのですねぇ。ヘラは極太より細めの方がサイズは狙いやすいようですが、オウゴンもサイズねらいなら顎細めで長くなりやすい個体を使う方がよいとかあるのでしょうね。温度と大きさと顎の長さを考えると、きっとどこかにぴったりの温度領域があるのでしょうね。幼虫は温度をかけて、前蛹で下げて蛹になったらまた少し戻すとか・・・。オオクワほどわかっている虫ではないので、今後が楽しみですよね。

こんばんは。

えぼ8さん今晩は。
まさにその通りではないかと思います。
低温管理で顎の伸びは良くなると思いますが極太となるとやはりその個体のDNAが関係しそうな気がしますがこればかりは羽化するまでわかりませんので非常に楽しみな血統です。
もし血統が関係するならばオウゴンにもヘラやオオのように「極太!」なんてのが流行りだすかも?(笑)

また きました
以前、幼虫に硬いものを食べさせると 顎が強化され
太い顎で羽化すると聞いた事がありますが どうなんでしょう?v-218

ツツガムシさんこんにちは。
初めて聞きますがぜひ、ツツガムシさんの所で実験してみてください。成功したらウハウハかも(爆)

こんばんは~

聞いたことありますね~~~
堅詰め飼育で太く羽化、柔詰めで長さが出て羽化
事実かは??ですが言われていた時期がありますよ

おはようございます。

くわがた太郎さんおはようございます。
誰か試した方は居るのでしょうか?私的にはあまり意味がないように思えるのですが・・・。
オウゴンの暴れ防止に硬詰めしたとがありますが菌がまわりませんでした。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 まとめ 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。