プロフィール

黄金鬼鍬太郎

Author:黄金鬼鍬太郎
オウゴンオニをこよなく愛するオウゴンバカです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

算数力トレーナー

by Orfeon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早く蛹になれ~!

本日、会社の電話番号が決まりました。^^
申し込み時、オペレーターに「3つの番号の中から選んで下さい!」
あまりいい番号が無く「考えて連絡します。」と告げ悩みましたが再度電話。
「会社なので他にいい番号はありませんか?」と聞いてみると
「機械が勝手に選ぶのでわかりませんが後1回だけ案内できます。」
ということでもう一度3つの番号をいただき「今回はいいぞ!」
自分が「イチロウ」という名前なら間違いなく「3916」=「サンキュウイチロウ」を選びますが「イチロウ」ではないので違う番号に決定!
これで事業場所も電話番号も決まったので「名刺」が作れます(笑)
そうすればやっとお客様に挨拶まわりに行けます。^^v
さあ!また更に忙しくなるぞ~!^^;

一昨日は仕事が終わってサイドビジネスへ・・・。
早く終わらせたく急いで仕事を終わらせました。^^
その後に某所へ!
そこには既に「えぼ8さん」と「TAR坊」さんが来てました。
実はサイドビジネス=自由な夜?
ということでお二人とプチオフ会?をしました。^^
いろいろと虫話を熱く語り合いましたが1本の電話が・・・・。
「まだ終わんないの?」
という妻からの電話であえなく解散となりましたが虫友さんと話しをしていると疲れも吹き飛びます!^^
「えぼ8さん&TAR坊さん!また遊んで下さいね。」^^


と、前置きが長くなってしまいましたが最近、虫弄りをしていなく久しぶりに弄りました。^^;
我が家にはもう1年以上ニョロしているモーレンがいるのですがまったく前蛹にならないので温度を上げてショックを与えてみることにしました。
P5240040.jpg 産地 スマトラ島ベンクール 
 種親 ♂57mm ♀41mm
 累代 WF1
 孵化日 平成19年4月16日


モーレンですがニョロのサイズもなかなかで、かなり黄ばんでいるので「早く蛹化しないかなぁ!」と思っているのですが蛹化してくれません。^^;
先月、捨てビン覚悟でビン交換をしてビン交換のショックで蛹化するかと思いましたがダメ!><
仕方がないのでワインセラーから取り出して常温飼育でショックを与えてみようと思います。

このまま蛹化してくれれば60mmは超えてくれると思うのですが・・・・。

画像を見ての通り暴れてるだけですので蛹室の作る場所を探しているのだと思います。
「蛹化ビン」が無いので温度ショックでうまく蛹室を作ってくれればいいのですが・・・・。

果たしてうまくいくのかどうか?
スポンサーサイト

ババ!

昨日は誕生日&結婚10年目でした。^^
久しぶりに酔っ払うまで飲みました。(笑)

独立の準備も着々と進んでいますが時間が・・・・・。^^;

今日はババネタなんですがなかなか時間が無くupが遅れてしまいました。

まずは今季初のババ♂が羽化しました。^^v

P5140028.jpg 産地 ミャンマー・タニンターイ
 累代 WF1 ランバー血統
 種親 ♂76mm ♀47mm
 割出日 平成19年10月 
 蛹化日 平成20年4月24日
 羽化日 平成20年5月12日

サイズは64mmくらいでしょうか?

そして♀も!

P5140024.jpg 産地 ミャンマー・テナセリム
 累代 F3 DAL血統(C血統)
 種親 ♂64mm ♀46mm
 孵化日 平成19年10月15日
 蛹化日 平成20年4月12日
 羽化日 平成20年5月13日

こちらは43mmくらいかな?

そしてランバー血統の♂が蛹化しました。
P5170034.jpg

これも64mmくらいでしょうね。

相変わらずタニンターイ産の♀がいません。^^;
ビッダにも出品されていましたがオウゴンは幼虫飼育温度でブリの成功率が変わってきますのでなかなか手が出ません。

ビッダと言えば今年に入ってからババが多数出品されていますがあきらかに「モセリだろ!」と言う個体も多数見かけます。
高額種なので詐欺のターゲットになりやすいのでしょうけど気をつけないと騙されます。
ショップでも偽物を売ってますので「ババ!」を知らない人が偽物を掴まされてさらに累代品を「ババ!」として出品してしまいますのでビッダなどでは気をつけたほうがいいと思います。
この場合はショップも出品者もババだと思っているのでしょうから詐欺ではないと思いますが・・・・。^^;
購入の際は必ず入手ルートは確認した方がいいです。
また入手した際に証明書又は納品書があればコピーをいただいたほうがいいでしょう!
たとえ安く購入できたとしても偽者を掴まされたのではシャレになりませんので多少高くても信頼できる方からの購入が一番です!
「ショップ=本物」とは限らないということも知っておいて下さい!

純血ババの流通量はおそらく2、3割だと思います。 

モセリ羽化&!!

今回も素晴らしいサイズのモセリが羽化しました!(爆)
P5140018.jpg 産地 マレー・キャメロンハイランド 
 累代 CB
 種親 ♂69mm(CBF1) ♀47mm(CBF1)
 孵化日 平成19年5月31日
 蛹化日 平成20年4月12日
 羽化日 平成20年5月12日

サイズは固まれば47mmくらいでしょう!(爆)
どうしてもこのくらいのサイズは羽化してきます。^^;

でも今回はうれしい物が・・・・・。

ランバーさんに入荷した特大モセリ!
P5140012.jpg
 産地 マレー・ケランタン
 累代 WD
 サイズ 76mm


超ビッグなモセリです。^^
このサイズのモセリは年間数頭レベルでの入荷数ですので高額ですが チョット!悩んだ挙句、即決です。^^ 
♀は2♀付きのトリプルです。
P5140019.jpg

サイズは50mmと43mmだったのですが♀単50mmも売っていたので差額を支払って交換してもらいました。^^v
大型♀はあまり採れないと思いますがどうせなら超大型血統を作りたかったので50mmの2♀体制で子孫を残そうと思います。

さてこの♂どのくらい大きいかといいますと・・・羽化したモセリと並べてみると。
P5140015.jpg


「どんだけ~っ!」って感じです。
もうこれは親子という感じです。^^;

我が家のブリードギネス72mmと比べると・・・・・
P5140013.jpg

こんな感じです。
体幅も全然違う・・・・。
やはり一廻り大きく見えます。^^

「やっぱ!でかいオウゴンはカッコええのぉ~!」

大枚叩きましたが満足満足!^^

子孫繁栄祈願!頑張るぞい!^^

ついに登場!!

子供部屋でついに採集しました!
「ウエスト・ウッディ・カスミソクソ!」
P5110001.jpg

子供部屋に入ったら「何か踏んだぞ!」と思い見てみると「おおっ!ウッディだぁ~!」^^;
残念ながら☆になってしまいましたがサイズのわりに立派な顎!
色もグレーなので産地は中国あたりか?

なんてくだらない事を書いてしまいました。^^;
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「しまった!オウゴン以外をupしちゃったよ!」(笑)
たまにオウゴン以外をupしたいと思うのですが「ネタが無くてもそれだけはやめよう!」と思っているのでもうひとつ別にブログを作ろうかと悩んでみたり・・・・。^^;
某種のギネス越え個体を載せたい~!(笑)


てな訳でオウゴン孵化ネタへ・・・。

まずはローゼン!
P5110075.jpg 産地 ジャワ島ハリムン
 累代 CBF1
 種親 ♂76mm(WD) ♀50mm(WF2)
 孵化日 平成20年5月10日


よ~く見ると頭の帽子が脱げていません。
ということで帽子を脱がせてあげました。^^
P5110076.jpg

この幼虫もおバカ実験行き!
発酵マットで育てていきましょう!
P5110078.jpg


そしてお次はモーレン!
P5110077.jpg 産地 スマトラ島ベンクール
 累代 WF1
 種親 ♂64mm(WD) ♀47mm(WD)
 孵化日 平成20年5月11日


こちらは2頭孵化しました。^^
この子達はマットではなくカワラ飼育に・・・。
P5110081.jpg

すでにモーレンは2ヶ月前からマット飼育(ローゼン現地飼育マット)していますが元気に初令してます。(笑)
低温飼育なので時間はかかりますがそろそろ加齢しても・・・・・。
マット飼育の問題は3令になってからでしょうね。^^

ローゼン羽化!

今週は事業計画で忙しくて久しぶり?の更新です。^^;

ローゼンが2頭羽化してました。^^

まずは9日羽化の♀!
P5090062.jpg 産地 ジャワ島スカブミ
 累代 WF1
 種親 ♀44mm(持ち腹) 
 孵化日 19年4月23日
 蛹化日 20年3月27日
 羽化日 20年5月9日

「う~ん、なんか変だなぁ?」
よく見てみると・・・・・・・。
P5100067.jpg

「♂でした!」(爆)
蛹を見たときに「♀」だと思っていたら立派な?顎がありました。
「おかしいなぁ!幼虫で間違うことはしょっちゅうだけど蛹で間違うとは・・・・・。」^^;
最近、モノマネの「芋洗坂係長」がお気に入りなんですがかなり目がおかしいかも?(笑)

そしてもう1頭!
これは間違いなく♀なんですが・・・・・・・「おや?なんだか様子がおかしい?」
ということで急遽掘り出し!
P5100071.jpg 産地 ジャワ島スカブミ
 累代 WF1
 種親 ♂75mm ♀44mm 
 孵化日 19年4月3日
 蛹化日 20年3月27日
 羽化日 20年5月10日

どうやらうまく脱皮できていないようです。
このままほっといても不全で☆は確定ですので緊急オペで皮を剥いであげました。^^;
P5110074.jpg

まぁ、こんなことをしても無駄でしょうけど・・・・。
このような場合は何かいい方法をご存知の方はいらっしゃいますか?
何かいい方法があったら教えてください。m(_ _)m

最近「Kウィルス」に感染しつつあり先程ビッダでとんでもないものを購入してしまいました。
かなりの出費ですが稀に見る固体ですので「Kウィルス」の影響で即購入してしまいました。
もう少し考えて購入すればよかったかな?
ランバーに入荷した「フルストルファー」も購入できなくて「Kウィルス」のストレスが爆発しました!(笑)
到着したらupします!(up=オウゴンです。)

この個体の子がたくさん採れたらプレ企画でも久しぶりにやろうかな?(3ヶ月くらい先になると思いますが・・・。)
オウゴン好きなら「欲しい!」と思う血統でしょう!^^

以上!芋洗坂係長でした!?アレ



ローゼン孵化!発酵マット飼育開始!

先日採卵したローゼンが孵化してきました。^^
P5050051.jpg 
 産地 ジャワ島ハリムン
 種親 ♂76mm(WD) ♀50mm(WF2)
 孵化日 平成20年5月4日


幼虫で割出したのは現地飼育材のマットで飼育したことは記事にupしましたがここからおバカ実験の本番開始です。^^;

まず使用するマットは普通に市販されている発酵マットです。
発酵マットだけでも無事に羽化までいける個体もいるようですがチビだったりします。
しかしここからがおバカ実験の検証です。
他に使用するのはシ○ブ!!
そして加水に使う水は○○ウォーターです。
P5050055.jpg

詳しい効果等はまだ公表できませんがこのシ○ブを○○ウォーターに溶かしてマットに加水します。
P5060056.jpg


加水は水分多めです。

そしていよいよ幼虫投入!
P5060057.jpg


果たして幼虫は無事潜ってくれるのでしょうか?

マット飼育なら暴れを防ぐことができるのでしょうか?

とりあえず70くらいを目指して結果を出したいと思います。^^

ババ74極太血統!

昨日は更新しようと思い記事を書きながら椅子に座ったまま爆睡してました!(笑)
なので珍しく昼の更新です。^^;

ババ74極太血統2♀が蛹化しました。
この極太血統はクワ門さんに無理言って幼虫を譲っていただきました。^^
74極太
右が種親オスです。
顎の太さは一目瞭然です。^^

P5050045.jpg 累代 F3
 種親 ♂74mm ♀49mm(06G血統)
 孵化日 平成19年10月
 蛹化日 平成20年5月3日


至って普通の♀です。
もう1頭
P5050035.jpg


「・・・・・・・・あれ?」

P5050044.jpg


「♂じゃん!しかも短歯!(笑)」
♀だと思っていたら♂でした。^^;

この血統はこの極太が遺伝するのか知りたくて飼育していますが短歯じゃねぇ~。
長歯でなきゃわからん!^^;

まぁ、とりあえず極太血統ペアで確保できました。^^v

モーレン兄妹!!

今日は朝から夕方まで公園で焼肉をしてその後カラオケに行って帰宅したのでGW毎日更新が途切れました。(笑)
朝から14時間お酒を飲んだので頭が少々痛いです!^^;

今日は先月に羽化したモーレン兄妹を掘り出しました。
♂は長歯にはなりませんでしたがブリードとしてはなかなかのサイズ!
P5040026.jpg スマトラ島ベンクール産 WF1
 種親 ♂50mm(WD) ♀37mm(WD)
 孵化日 平成19年4月10日
 蛹化日 平成20年3月7日
 羽化日 平成20年4月26日

サイズを測ると「60mm」
「ん?BE-KUWAギネスは確か58mm?」
「これって一応ギネス?ですよね!」

まぁ60mmくらいなら出してる方もいるでしょうからまずまずですね。^^

先日のモセリ72mmの方が数倍嬉しい!(爆)

モーレンを真剣に飼育してる方もいないでしょうし凄腕ブリーダーさんが真剣に飼育したら簡単に65mmくらいは出してしまうでしょうね。^^;
ましてショップさんならモーレンの価格から菌糸代を考えたらやる価値なし!(爆)
自分はモーレンの長歯を出したいので飼育していますが・・・。^^;

続いて♀は
P5040032.jpg スマトラ島ベンクール産 WF1
 種親 ♂50mm(WD) ♀37mm(WD)
 孵化日 平成19年4月10日
 蛹化日 平成20年3月8日
 羽化日 平成20年4月25日

サイズは43mmでした。

しかしこの兄妹!孵化日が一緒で蛹化日、羽化日が1日違い!
相性良さそうです!(笑)
どちらも羽化まで1年以上かかっていますが低温飼育していました。
この兄妹は仲良しということで
「黄金 ペー、パー子」と命名します!^^;

成熟したらこの兄妹で近親相姦していただきましょうかね?(爆)


モーレン割出し!

今日も更新!(爆)

GWくらいは仕事を忘れて虫弄りを楽しんでストレス解消!(笑)

ということでモーレンの割出しをしましたよ!^^

今回セットに使ったのはボイドではなく師匠お勧めの産卵ブロック!
P5010001.jpg  モーレン  スマトラ島ベンクール産
 ♂64mm(WD) ♀47mm(WD)
 平成20年3月22日セット



表面上に穿孔した痕が少しあるくらいなので果たして産んでくれているのでしょうか?
割ろうとしても「とにかく堅い!」ので穿孔した痕からホジホジしていくと・・・・。
ありました!「卵発見!」^^v
P5010002.jpg

すると次から次へと
P5010003.jpgP5010004.jpg





P5010005.jpgP5010006.jpg

菌床の劣化も全く見られません!
「こりゃぁ~、すごいや!」
しかも堅いせいかボイドのようにあちこちに産むのではなくまとまった所に産んでいます。

結果!
P5020016.jpg

「9卵」
モーレンWDとしてはなかなかの成績です!^^
が何が凄いかというと、この産卵ブロックの5分の1も穿孔していないのに「9卵」産んでいることに驚きです。
P5010007.jpg

ボイドだったら2,3卵というスペースでしょう!
この産卵ブロック1個だけで30~40卵は産めそうです!(1度にそこまで産みはしませんが・・・。^^;)

難点?は堅いので割出しをすると手が痛い!(笑)
師匠いわく「放置し孵化して菌床を食い尽くしてくると袋がパンパンに膨らむので、それから割出せばブロックがボロボロと幼虫と一緒に崩れて落ちてくるから楽だよ!」ということですが、そこまでなるには2ヶ月以上はかかるだろうからそこまで待てないなぁ~。(笑)
でも多忙な人にはお勧めですね。^^

この種菌を使ったカワラ菌ビンも期待できそうです。^^
(まだ皮膜が廻りきっていませんが・・・。)
これだけ堅けりゃ暴れないかも?
楽しみがひとつ増えました。^^

「よし!次のセットも産卵ブロックだ!」


と思ったら「もう無い!」
仕方がないので余ってるボイドを使おうかと思ったら・・・・ありました!
この産卵ブロックがまだやわらかいうちに崩して詰めておいたボイドが!
どうも産卵ブロックのように堅くはないのですがとりあえず使いましょ!^^

この産卵ブロックは仕込から滅菌、殖菌すべて師匠の手作り!
しかも1ブロック600円という破格値なのです!

「こりゃぁ~ボイドの販売やめるわけだ!」^^;



掘っちゃいました!

久しぶりの連日更新です。^^

先日羽化したモセリのサイズが気になりやっぱり掘り出してしまいました。^^;

気になるサイズは・・・・・。


P4300057.jpg 累代 WF2  C血統
 種親 ♂66mm(WF1) ♀45mm(WF1)
 孵化日 平成19年5月30日
 蛹化日 平成20年3月16日
 羽化日 平成20年4月19日


「72mm!」
 自己ギネスです!^^v

平成19年11月17日に最後のビン交換をした時はたいして大きな幼虫ではなかったので体重計測もしていなかったのですが18℃から22℃に飼育温度を変えたのが良かったのでしょうか?
それとも放置していたのが良かった?(笑)

「モセリで72mmは普通じゃん!」
と思ってる方もいるとは思いますが飼育をしていても「70up」は意外と難しいと思っています。^^;

♂だけでも温度は22℃くらいにするといいのかな?
♀も20℃くらいで飼育すると羽化ズレが最小ですむかもしれないですね。
でも我が家では20℃の環境が作れないしなぁ~。^^;

色々な温度で管理できればいいのですが普通の家庭では無理ですよねぇ~。(笑)

とりあえずは次世代の種親決定です!^^v

しかしオウゴンはまだまだ奥が深い!

FC2Ad

相続 まとめ 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。