プロフィール

黄金鬼鍬太郎

Author:黄金鬼鍬太郎
オウゴンオニをこよなく愛するオウゴンバカです!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

算数力トレーナー

by Orfeon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長しないモセリpart2

P1310005.jpg

前に紹介しましたモセリの幼虫が全然餌を食べません!
一体なぜ?
ご存じない方の為にご説明いたしますがこの幼虫の孵化日は19年7月31日です!
今日でちょうど半年です!
☆になるならまだわかるのですが至って元気です。
一度も菌床に潜ることもなく半年!糞はしてるので少しづつ菌床を食しているのかもしれませんが育ちません!!
もしかしてこのカワラ菌床がお好みでない?

という事でルカディアを詰めたプリンカップの菌が廻ってきたので入れ替えました!
果たして潜るのでしょうか?
もし潜ったら菌が合わなかった?
潜ればルカディア恐るべしですね~(笑)
P1310006.jpg


明日、またババの新しい血統が送られてきます。
非常に楽しみです。
送られてきましたら改めてご紹介いたします。^^
スポンサーサイト

ランバー血統!

P1290008.jpg

今日は我が家の違う血統「ランバー血統」を紹介します。
この幼虫はオークションにて5頭購入しました。
種親は昨年ランバージャックに入荷したWD個体で
♂76mm ♀47mmからの子です。
産地は現在テナセリム州という州が無くなりタニンターイ産になります。
他にもクワ門さんのタニンターイ産の血統がいますがこちらはまた今度ご紹介したいと思います。
平成19年10月孵化で現在22度にて幼虫管理しております。
幼虫5頭の内3頭は3令になりました。
P1290012.jpgP1290016.jpg

画像左側の幼虫は3令になりたてですので近いうち3Lビンに投入し1本返しできれば暴れないで羽化しないかと思っています。
3令3頭は全て♂のような感じがします(汗)
残りの2頭は2令と食痕が出ていません。死んでるかな?(笑)
♀がいないと困るぞ~!
♀であることを願います。(爆)
♂は25℃管理したいのですが温室が無い上に虫部屋から外室禁止令が出ていますのでず~と!22℃管理になるでしょう。
妻が虫に理解があれば居間に置きたいのですが殺されます!(笑)
理解ある妻が欲しい!!(爆)

ババA血統採卵!

P1260003.jpg  
  ババオウゴンオニ A血統 F3
  ♂71mm(クワ門 B血統 F2) 
  ♀45mm(DAL D血統 F2)


ババA血統の割出ししました。
このA血統♂は先日お亡くなりになった♂です。
この♀は前回まで2回セットで23卵産んで3回目を12月10日にセットしました。
本当はルカディアの比較の為、割出しを後回しにしていましたがボイドにアオカビが廻ってきた為、急遽割出ししました。(我慢できなくなってきた?)
ボイドも表面のみアオカビが廻ってましたが中は意外と大丈夫そうです。
「これならいけるかな!」
最初は慎重に削っていくと
P1260004.jpg  
 「卵発見!」
 
 いい状態ですので孵化には問題無さそうです!


更に
P1260006.jpgP1260007.jpg





P1260009.jpgP1260017.jpg

P1260020.jpgP1260026.jpgP1270032.jpg

割れば次々と幼虫が顔を覗かせました!

結果15幼虫2卵という結果でした。(2令3頭、初令12頭)
P1270033.jpg

今回以外だったのが腐れ卵やカビた卵がひとつもありませんでした。

♀は合計40卵産んでます。
早速4回目のセットもしました。(戸塚ヨットスクールなみにスパルタです!)
この調子でこの♀にも大台いってもらいましょう!


やはりボイド!・・・・恐るべしです。(笑)
ボイドが発売中止になり残念ですが自分で作れば問題無しです!
新しい産卵木は出来上がるまで時間がかかるようですがいい物が出来そうです!

まんじさん!ボイド作り頑張って下さいね(笑)

訂正 
1月10日セットと書いてましたが12月10日の間違いでした。
「あれ?と思った方!」すいません。
今、見直していたら「あれ?」と思ってしまいました(爆)

お悔やみ申し上げます。

P1260021.jpg  ババオウゴンオニ
 ♂71mm WF2
 クワ門 B血統
 平成19年4月羽化


本日は故ババオウゴンオニの葬儀にご参列いただきありがとうございます。
故虫は本日9ヶ月という命を全う致しました。
生前2頭の♀に子孫を託し現在も2頭の♀は子孫繁栄に励んでおります。
あなたの血は子孫が立派に受け継いでくれることでしょう。
安らかに標本になって下さい。(爆)

という事でババ♂がまた1頭この世から去りました。
これでババの未亡人(虫)が4頭に増えてしまいました。
お気に入りの種が☆になるのは悲しいものです。
この子の子孫には頑張って親越えして欲しいものです。
何人かの方にも子孫を里子に出してますのでぜひ親越えをお願いします。
残された未亡人(虫)にはまだまだ頑張っていただかなくては!
1頭でも純血のババを残すよう頑張りますぞ!!

ということで本日はショ○便がズボンにかかってしまった時と同じくらい悲しい出来事を報告致します。(笑)

やっちゃった!

とうとうやってしまいました!
今更ですが後添加!
ヒラタケのように菌が強ければ問題ないですがカワラは菌が強くないので今まで後添加はご法度でした。
後添加の量が少ないとあまり効果も感じられないし多すぎると劣化しやすくなるので菌ビンを無駄にしたくないケチな自分がいました(笑)
しか~し!今回はルカディアの比較があるので現在使用の菌床に後添加して実験しようと思い立った訳です。
今回の添加剤はこちら!
P1240004.jpg

カレー粉です(笑)
2ブロックに対して10gほど後添加しました。
菌床にまんべんなく混ぜていると辛い匂いがしてきました(嘘)
詰め詰めが終わると最近恒例の
P1250008.jpg

菌ビン計測です。(爆)
今回は最大と最小の違いが8g!まさに黄金のハンドプレスです(笑)

さてどのような結果になるんでしょうねぇ~!
今回のカレー粉で駄目なら次は唐辛子?いやコショウかな?(笑)

ローゼン幼虫ビン交換

P1220002.jpg

昨日ローゼンのビン交換をしました。
本当は昨日upしようと記事を書いてましたが書きながら寝てしまいました(笑)
しかも今、ほとんど書き終えたのに変なボタンを押してしまったのか全て消えてしまいました(怒)
あ~っ!やってらんねぇ~!
妻に頼まれてDVDも借りてこないとならないし、菌床もビン詰めしなくちゃならないし!
今日はなんだか調子が出ません(笑)

という事で(グチってすいません!)昨日5頭ビン交換した中での最大は写真の20g!
しょっ!ショボイ!!
低温管理なので仕方ないかもしれませんが現在セット中のローゼンの子は温度を上げようと思います。
24℃くらいで管理したいのですが我が家には温室がありませんので室温の22℃管理になりそうです。
本当は3令初期まで25℃管理でやりたいのですが初令では♂♀判別が出来ませんので累代重視なら22℃くらいがいいかな?
我が家では♂は22~24℃! ♀はワインセラーで低温管理が理想かもしれませんね!
大型狙いで♂は25℃以上管理もしてみたいのですが大型で羽化しても☆になっては意味ないしなぁ~。
何か既製品で15℃から27℃くらいまで室温調整できる物ないですかねぇ~。

お蔭様で1000Hitこえました!!(ブログ開設して1ヶ月過ぎてたんですね!)
プレ企画も考えましたが「何もない!」という事で何か余品ができた時にでもやろうと思います。
ババもA血統は割出せば採れると思いますがこちらはルカディアの比較に使用しようと思いますので菌が廻れば割出しします。

新しい試み?菌ビン詰め!

P1180004.jpg  P1180003.jpg
先日ルカディアのビン詰めをしました。
かなり皮膜は薄いです。
P1200011.jpg  P1200012.jpg
早速ブロックを崩しました!
やはり粒子は細かいです!
水分量はいい感じでした。
P1200013.jpg
今回は5ブロック注文しました。
5ブロックで詰めれたビンは
P1200017.jpg 2000×1本
 1500×3本
  900×6本
  800×5本
  600×7本
  200プリンカップ10個
詰めることができました。
果たしてどのくらいで菌が廻るのでしょうか?
このルカディアはババとモセリに使用して現在使用中の菌床とどれだけ違うのか!検証したいと思います。
値段が倍以上なのでババ100upも夢ではない?(爆)
それは冗談ですがギネス菌床ですから楽しみです!

タイトルに「新しい試み?」とありますが何がと言いますと幼虫の体重計測は色々な方がやっていると思いますが最近では「蛹体重!」を量る方が増えてきてますよね。
では自分も!と思い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
やっちゃいました!
P1200015.jpg

菌ビン計測です!(爆)

別に遊びでやったわけではないのですが光田さんのアドバイスに「RCADIA Super White Greedの詰め具合は1Lに対して580g(容器容量を含む)前後が適量となっています。」とありましたが自分はPPやブローを使用しないので菌ビンでの詰め具合を調べるために計測しました!
今回は堅詰めしませんでしたが全てのビン計測をすると意外と誤差が無いのに驚きました(笑)
P1200019.jpg

自分は必ず詰めた日付を記載していますが今回はカラーシールも貼って差別化しました。

さあ!ルカディアの凄さを実感させていただきたいと思います。(笑)
プリンカップは幼虫を投入後、虫友でもあるえぼ8さんに飛ばしてあげようと思います。
そうすればえぼ8さんもルカディアを購入し使う羽目になるでしょう!(爆)
えぼ8さん覚悟してください!!(笑)




  

忘れられていたモセリ!

ワインセラーの奥の方にあるビンを取り出すとだいぶ餌の減ったビンがありよく見てみると、モセリBa血統の幼虫で交換日を見ると「19年9月20日」
なんと!4ヶ月間も900のマヨビンに入れられていたモセリが・・・。
P1190008.jpg

いい感じで居食いしてくれていたので助かりました(汗)
菌も7月28日に詰めたカワラ菌で約6ヶ月経ってますがほとんど劣化していませんでした。
(この菌にも助けられてるなぁ自分!)
体重は18gと大きくはありません(汗)
しかしまだ成長しそうなのでLビンに投入です。
P1190010.jpg

モセリは本当になかなか大きく育ちませんねぇ~。
我が家のモセリ君はほとんどが20g前後です(汗)

さぁ!明日(今日の晩)はルカディアをビン詰めしなくては!
最近、ブログ仲間が増えて(嬉しい!!)訪問したりすると0時を過ぎるのでなかなか虫作業が出来ません!
みんな良くやってるなぁと感心してしまいます。
寝不足続きで遅刻の常習犯になってきてるし(爆)

モーレン期待の☆!

我が家1番の期待の☆モーレン20gupのビン交換を決行致しました。
19年4月10日孵化 
9月30日 15g
11月3日 20g
ビン交換後も成長が見られてました!
ビンを見ても見えるところに姿が無く交換を決意!
掘り出して見ると「縮んでる!!黄ばんでる!!」のダブルショック!!
P1190006.jpg

「これならビン交換せず!そのまま蛹化させればよかった!」
1本無駄にしてしまいました。(笑)
とりあえずは暴れによる縮みでは無さそうなので期待のサイズは出ないにしろ悩みがひとつ解消されました(笑)

モーレン蛹化第1号!

P1170008.jpg

我が家のモーレン1頭が蛹化しました。
昨年春に購入したWDからの子で♀です。
5月22日に孵化して本日蛹化しましたので約7ヶ月!
低温管理ですので羽化まで1ヶ月以上かかります。
他にも前蛹が1頭!他の幼虫たちもだいぶ黄ばんできましたのでもう少ししたら蛹室を作り出すかもしれません。
大きい♂はもう少しかかりそうです。

が!期待の幼虫が交換時期なのですがどうしよう(汗)
このまま交換せず蛹化してくれればいいのですが「餌がねえぞ!」って怒り出したらショックだし!
期待の幼虫ほど交換しようか悩んでしまいます。(笑)

ババF血統!

今日はババF血統幼虫の菌ビンがカビてきたので1頭だけ交換しました。
P1150002.jpg  
 ババF血統
 ♂51mm(WD) ♀48mm(F3)
 19年10月孵化
 クワ門さんより幼虫を購入

種親が小さいせいか安く入手できました。
この血統もクワ門さんでは25gの幼虫も出てるそうなので意外と種親のサイズに関係なく25gくらいまでなら育つ印象を受けました。
今回は体重測定はしませんでしたが、ババは今年から22℃管理(2割は18℃管理)にしてるので幼虫の育ちは18℃管理のものより早いです。
ババは他のオウゴンに比べ管理温度が高くても大丈夫な上に大型も出やすいのでオウゴンの中では1番飼育しやすいかもしれません。
ギネス狙いなら25℃以上の管理でもいいかもしれませんが累代メインと言うことでまずは22℃にて飼育していこうと思います。

明日はルカディアの菌床ブロックが送られてくるので2年連続ギネス個体を出している菌床も試してみたいと思います!


モセリ幼虫出品しました。

モセリWD♂

モセリ幼虫E血統を本日オークションに出品致しました。
http://www.bidders.co.jp/item/98784031
もし欲しい方がいらっしゃいましたらご入札宜しくお願い致します。

我が家で使用の産卵材(ボイド)

P1130046.jpg  今日は我が家で使っている産卵材(ボイド)の作り方をご紹介します。
 左が市販品のボイドで販売価格1500円です。
 右が塩ビ管に詰めた自作です。



P1120038.jpg  まず最初に用意するものですが塩ビ管(内径125長さ18cmくらい)と崩したカワラ菌床、ビニール袋(12号)を用意します。
                          P1120039.jpg


P1120040.jpg  塩ビ管に袋を入れてカワラ菌床を口の辺りまでを詰めていきます。                           
          P1120042.jpg


詰め終わったらビニールの口を閉じてセロテープでとめます。
P1130045.jpg  後は袋に空気穴を開けて完成です。
 後は菌が廻ったら使用できます。




P1130043.jpg  手前は内径100
 たったのこれだけで我が家が使用している産卵材が完成です。
 ビニールによりスライドさせる事も出来て大変便利です。
  P1050012.jpg

塩ビ管を使用すると何度も使い回しが出来てとってもエコですよ!(笑)

このボイドの発案先でもあり販売先は下記ショップ

http://www.hks-bugs.net/main.html

になります。
在庫は残りわずかでNEW産卵材に切り替わる為、在庫が無くなり次第もう生産しないようです。
我が家では実績、成績とも優秀でNEWタイプになっても作って使用していくでしょう!
もちろんNEWタイプも使用してどちらがいいか!皆さんに報告いたします。

モーレン瓶交換

P1130047.jpg 今日はモーレンの幼虫を1頭のみビン交換しました。
 この幼虫はスマトラ島ベンクール産の♂57(WD)♀41(WD)からの子になります。
 19年4月18日孵化で前回11月4日にビン交換したときは10gと全く期待してませんでした。

今回はだいぶ餌を食べて見た目で「20gくらいあるかも?」と思い、食する餌も残りわずかですので交換することにしました。

体重を量るとストレスからなのか交換後に暴れてしまい体重を落としてしまうので悩みましたが体重計測いたしました。
P1130049.jpg  計測すると18gまで体重が乗っていました。
 ビン越しではやはり大きく見えますね。(笑)
 チョット残念ですが、この伸びは以外でした!
 はたして次のビンで暴れず居食いしてくれたらどこまで伸びてくれるかな?
 頭部の大きさから大歯は無理っぽいですが60up位はいけそうな・・・・。

これで暴れたら期待できそうな幼虫の体重計測は中止ですね。(笑)

まんじさんのおかげで画像の横に記事が書けました(笑)
まんじさんご指導ありがとうございます!

モセリE血統割出し!

さて本日は昨日モセリ♀がボイドから出てきたので割出しをしました。
我が家で唯一、産卵セットを組んでいるモセリE血統(D血統は☆になったので!)
♂74mm(WD) ♀44mm(F2)のCBF1になります。
今回2回目の割出しで1回目は11卵産んで4頭孵化(孵化率4割切る)というシャレにならない孵化率の悪さでした。(セットが早すぎた?)
この♀は幼虫時18度の低温管理個体ですので成熟しきってなかったのかもしれません。
羽化後4ヶ月で♂と同居。ボイドに穿孔したのはセット後2ヶ月経ってからです!(8月31日にセットして1回目の割出が12月2日ですから・・・。)
2本目のボイドにはセット後すぐ穿孔しましたので今回は少々期待しています(笑)

では割出しへ。
ボイドの塩ビ管をスライドさせると早速初令がいました。ニヤ!
P1100013.jpg

材の周りを見ると・・・・。
P1100014.jpg

卵を発見!他に周りにいないか確認後削っていくと
P1100018.jpg

カビで覆われた卵を発見!「孵化は難しいかな?」とりあえずキープ!
その後は
P1100020.jpg
P1100024.jpg

初令が2頭。更に削っていくと
P1100027.jpg
P1100028.jpg

卵を2個発見!「幼虫の形も見えるし大丈夫だろう!」
その後も次々と
P1100030.jpg
P1100031.jpg
P1100034.jpg
P1100035.jpg

初令が4頭いました!
今回の割出しは初令7頭、卵4卵、腐った卵2卵も確認し合計13卵産んでました。
P1110037.jpg

産卵ペースが上がりましたがせめて1回に15卵くらいは産んで欲しいなぁ。
しかし低温管理個体はここからが真骨頂!!♀には頑張ってマイギネス63卵越えをしていただきましょう(笑)

スペースがないので初令はひとまずプリンカップにて管理。
ワインセラーが3台ともいっぱいだ!どうしよう・・・・。もう1台購入?しかし置く場所が・・・・。

ババとモセリの幼虫各3頭セットでビッダに出品?「ババとモセリでは幼虫の成長度合いが違うので成長の違いを感じてください!」なんて出品するのも面白いけどそれこそハイブリ作られたら嫌だし・・・・。モラルある方限定にしても誰が落札するかわからないし・・・・。
でもフルストルファーの購入資金も作らないと・・・。何かいい方法は無いでしょうかね?

ババ06G血統いよいよセット!

P1080005.jpg

今日いよいよ我が家で1番の期待の血統!クワ門2006年ギネス血統の子!をセットしました。

♂70mm(06G血統 WF2) 5月下旬羽化
♀47mm(06G血統 WF2) 9月25日羽化

♂は成熟を遅らせる為に12月までワインセラーにて18度管理。
しかし期間がありすぎケース上蓋をカジカジして顎先が両方欠けてしまいました。(泣)
交尾に問題はありませんが綺麗な状態で標本にしたかった・・・・。

♀は10日前から果汁たっぷり特製ゼリーで栄養補給させ2個完食後に♂をミニケースに投入し同居。即日♂はメイトガードに!3日経過したので今日はいよいよセットに投入しました。
この06G血統は大事にしたい血統なので今回は新品大ケースを使用!(関係ないけど(笑)
そして産卵木にはいつものボイドではなく師匠特製スペシャルカワラブロック!
P1080008.jpg

こんな感じでセット完了です!
♀は幼虫時18度管理個体なので穿孔するのは1ヶ月くらい先だろうと思いますが気長に見守ろうと思います。
♂には♀が穿孔しだしたらもう1頭の♀44mm(06G血統 WF2)と浮気していただく予定ですのでやりすぎて種切れおこさないように!(笑)

この06G血統は次世代がWF3となり、ず~とインラインですのでそろそろ数が採れない様な気がします。
しかしこの血統だけは特別ですので採れなくなるまでインラインでいくつもりです。
果たしてどこまでインラインでいけるのか?WF6?ぐらいまで行って欲しいですがオウゴンのインラインはどこまでいけるのでしょうかねぇ~。
P1080011.jpg

プレ企画の問題について!

今回にプレ企画の問題「ババorモセリ」についてですが
今回の画像はババと思われた方が多数いらっしゃると思います。
私自身もババと思うぐらいババのような光沢をもったモセリも実在することがわかっていただけたかと思います。

では「ババとモセリはどこが違うのか?」
間違いなく言えるのはモセリのような体色(光沢、艶)のババはいません。
しかしババのような光沢をもつモセリはいます。
今回の記事を見て師匠からアドバイス的なものを頂きました。
「ババともセリでは前胸に違いがあるのでは?」
師匠からの指摘はこうです。
「前胸の頭部に近い部分でババは緩やかなカーブになっていますが
モセリは若干膨らんでいます。突起の大きさはババよりもモセリの方が大きい」と
モセリ
ババ

確かに私の持っている標本を見比べると当てはまります!
がBE-KUWA14号の標本を見比べると個体差なのかそんなに違いを感じ取れません。
アンテブームだった時に雑交個体が多く販売されていたことがあるそうですが、♀には違いがでませんが♂には必ず前胸に変化が出ると言ってました。
実際のところ定かではありませんが累代されていくにつれ前胸は変化していくそうなのでその可能性も否めません。

結果的に確実な判別方法は未だ無いと思います。
が!ある程度の判別材料にはなると思います。

まだまだ高価であるババはやはり入手ルートが確実で信頼できる方の個体以外は手を出さないのが一番確実であると思います。
決して皆さんはハイブリやモセリには手を出さないよう気をつけてください!

新たな情報が入れば随時upしていきますのでこれからも一生懸命勉強していきます。(笑)

新年お年玉プレ企画!結果&当選者発表!!

PC310001.jpg

新年お年玉プレ企画の受付は終了いたしました。
ご応募いただきました皆様ありがとうございます。

応募総数6名という超難関ではなく!超高確率でした。(爆)
問題が難しすぎたかもしれませんが意外とコメント内にヒントをだしたつもりではいたのですが次回は普通にプレ企画にしようかな?(笑)

1番 応募者数2名(私も知らなければこれですね!)
2番 応募者数0名
3番 応募者数1名
4番 応募者数2名
5番 応募者数1名(って5番はないんですけど・・・。)

正解は4番のAモセリ Bモセリでした。

すいません難しすぎました!(汗)


正解者は
くわがた太郎さん
もんきっきぃさん

の2名になります。

ババ幼虫3頭をゲットしたのは抽選の結果
お二人に差し上げます!パチパチパチパチ!!

当選のお二人には秘密にチェックを入れてメルアド又は連絡先をお知らせ下さい!
欲しい血統も合わせてお知らせ下さい。
A血統♂71mm(クワ門B血統F2) ♀45mm(DAL D血統F2)の幼虫も可能ですので
A,B,C血統の中からお選び下さい。
外れてしまった方も次回のご参加お待ちいたしておりますのでまたよろしくお願い致します。

本日プレ企画締切り

P1060010.jpg

本日22時にてプレ企画への参加を締め切らせていただきます。

まだ応募されてない方や応募したい方は早めにご参加くださいますようお願い致します。

現段階では締切り後すぐに当選者の発表が出来ると思いますので場合により即日発表いたします。

入札条件を守って頂ける方ならどなたでも応募は可能です。
詳しくは1月1日の記事をご確認下さい。

我が家のセット法

今晩は。
せっかく後僅かで記事が書き終わるときに間違って消去してしまいまた最初からです。(泣)
4日から扁桃腺を腫らして寝込んでおりました。
今日から仕事始めなのですが午前中に病院で点滴2本打ってもらい午後からきちんと?仕事をしてきまた。


今回は我が家のセット方についてです。
セットするオウゴンはこちら!
P1050007.jpg

モーレンカンピ(WD)スマトラ産です。
♂52 ♀41×2頭です。 小さいですが次回の便で65upが入荷してくればもう1ペアゲット予定です。

まず最初に用意するものは中以上のケース。埋め込みマット、そして肝心なのが産卵材!
我が家は産卵材にボイドを使用します。(あまり数が採れなくていいので今回は100ボイドです)
P1050009.jpg

まずケースに埋め込みマットを2~3cmくらい敷きます。
P1050010.jpg

この時に埋め込みマットに軽く霧吹き等で加水します。
続いてボイドが転がらないように埋め込みます。
P1050014.jpg

♀が潜りやすいようにボイドに少し穴を開けておきます。
後はゼリーを入れて完成です。
P1050015.jpg

同じようにもう1セット!こちらは♂も同居させるので大ケースにセット!
P1050017.jpg

2セット組むのに10分と掛かりません。

なんて楽なセットなんでしょう(笑)

このボイド、気になる方も入ると思いますが塩ビ管に袋を入れて袋の中にカワラ菌床を入れて詰めるだけなんですが大変便利です。
ボトルで産卵させている方もいると思いますがなんせ割出が楽!
塩ビ管は再利用できるので環境にやさしいエコなのです(爆)
P1050012.jpg

このようにスライドさせれば簡単に割出が出来ますし産んでるか確認だって出来ちゃいます。
砂埋めレイシ材みたいに水分調整の必要も無く割出が遅くなっても幼虫はカワラを食してますので割出後すぐにカワラ瓶に投入できます。
面倒くさがりの私にぴったりです(笑)

購入したい方はこちらで販売しています。
http://www.hks-bugs.net/main.html
が塩ビ管ではなくボイドです。
P1050001.jpg

74極太血統!

まずは画像を見ていただきたい!
74極太

どちらもクワ門さんのババですが左のババと比べると右のババの顎の太さにビックリすると思います。
こちらが74極太血統の種親になります。
今日はこの74極太血統の幼虫をプリンカップからLビンに入れ替えました。
P1020007.jpg

通常ではすぐMorLビンに入れ替えるのですがカワラ菌がクワ門さんのババ専用菌床で大きく育ちそうなのでカップのまま飼育していましたが、2令に成長しもう限界と感じて入替えです。
種親データーは
♂74mm(WF2)極太   ♀49mm(WF2)06ギネス血統
になります。

この顎の太さが遺伝するのか非常に楽しみです。もしこれが遺伝するのであればオウゴン飼育にも新たな楽しみ方が出来ると思います。Dorcusなんかは遺伝することがわかっていますがオウゴンの世界では未知でありどのような結果になるか非常に楽しみです。
遺伝するのであればサイズはもちろん、体色や艶、顎の長さ以外に太さと色々な楽しみ方が増えてくると思います。

低温飼育すると顎の伸びが良くなるが大きくならない!高温飼育だと大型が出ますが全てを兼ね備えるとなると非常に難しいと思います。顎の太さが遺伝するのであれば全てを兼ね備えた80mmのババなんて出来たら凄いことになりそうです。
私には無理ですが(笑)
74極太2


種親画像の使用に関してはクワ門さんの許可を頂いております。


プレ企画はまだまだ参加者募集中です。
今まで訪問したことが無い方でも条件を守って頂ける方でしたら参加OKですので、どしどしご参加下さい!

新年!お年玉プレゼント企画開催です。

いつも当ブログをご覧頂いています皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
さて、いよいよ2008年がスタートしましたが皆さんの今年の目標は何ですか?
私の今年の目標はフルストルファーの入手!そしてブリ-ド成功です。
ババ以上に入荷数が少なく高額ですがなんとしても入手したい!!
頑張ります!!(笑)

さて、新年お年玉プレゼント企画と致しまして、4択クイズ形式のプレ企画を開催致します。
プレ商品はこちら!P1010001.jpg

ババオウゴンの幼虫3頭セットです。
B血統(CBF1) ♂71(クワ門血統WF2) ♀46(D・F・Kyoto血統WF1)の幼虫
C血統(F3)   ♂64(DAL E血統F2)  ♀46(DAL D血統F2)の幼虫
2血統のうちどちらか1血統3頭を正解者1名様にプレゼントいたします。


参加条件と致しまして
・ババの純血を守って頂けるモラルのある方(入手ルートのわからないババ?と思われる固体とは掛けないで下さい)
・送料を負担して頂ける方(札幌市内又は取りに来ていただける方は手渡しも可能です)

以上の2点のみです。

万が一、偏った場合は対応させて頂きますのでご安心下さい。(別血統になる場合もありますのでご了承願います。)

またブログをはじめたばかりで皆さんの事があまりよくわかりませんので2,3質問に答えていただけると嬉しいです。

では問題です!
写真のオウゴンはババ?それともモセリでしょうか?

PC310001.jpg
PC310010.jpg
PC310004.jpg
PC310006.jpg
PC310007.jpg
PC310008.jpg


1番 Aババ  Bモセリ
2番 Aモセリ Bババ
3番 Aババ  Bババ
4番 Aモセリ Bモセリ

このタイトル記事に質問
1、今あなたが力を入れている種は?
2、あなたが1番好きな種は?
3、今後飼育してみたい種は?
と答えをコメントに投稿して下さい。
尚、別のタイトル記事に投稿された場合は無効になりますので気をつけて下さい。
締切りは1月6日PM10時までとさせていただきます。

抽選方法はくじ引きで決めさせていただき、発表は当ブログの記事として翌日(7日)夜に発表いたします。
当選された方は3日以内にコメントの秘密欄よりお名前とメールアドレスをお知らせ下さい。
折り返し当方よりご連絡差し上げます。

ではご応募お待ちしておりますので宜しくお願い致します。


FC2Ad

相続 まとめ 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。